自動車買取りの話

MENU

買取と下取り

車を売る場合に買取と下取りを選ぶなら、高く売りたいと考えるなら買取です。下取りの場合は買取よりも安く売ることになるでしょう。下取りの場合には評価されない点が買取の場合に評価されるケースも多いです。

 


中でも事故者を売る場合は、下取りの場合評価が非常に低く、廃車のための費用を請求される場合もあります。車の査定を受けるのであればその前に、ちゃんと洗車を済ませておくべきです。査定を行うのは人ですから当然、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。

 

それだけでなく車に汚れがついていると、車についた傷などが見え辛くなっており、それが響いて査定額のマイナスにつながるかもしれません。それから洗車をする場合、普段念入りには洗わないタイヤまわりも手を入れておくといいですね。業者が前に乗っていた車の下取りをするのは、次の車を購入してもらうためのサービスといってもいいでしょう。新しくない車買取業者に買取を依頼した時のように、中古車のグレードやカラー、追加要素などのポピュラリティの有る無しは下取りの値段には反映されません。

 

業者に下取りに出すより先に、何社かの買取ディーラーの査定をの結果を知って、相場を認識しておいてください。買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、車の中も外もきれいにし、必要書類はきちんと準備しておきましょう。それから、後になっていざこざの元にならないよう、事故車であるなど伝えておくべきことはきちんと申告しておいてください。

 


仮に業者の提示する金額に納得がいかないならもうそこでは売らず悔いを残さないようにしましょう。出張買取を申し込んだとしても、絶対に車を売る必要はないのです。納得いくような買取価格でなければ断ったりもできるのです。一部の車買取業者は、売買成立まで居座ったり、出張費用や査定費用などを請求する場合もあるので、気を抜かないようにしてください。事前に評判を収集してから出張買取の申込をしたほうがいいでしょう。