自動車保険

MENU

30代のご契約

 

30代の自動車保険は、見直す点が多く存在します。結婚や子供の誕生の機会が多い30代、ライフステージも次々変化しやすいものです。結婚して、パートナーができれば、保険の内容も夫婦限定型などにする必要が出てきますし、お子様の誕生によって守らないといけないものも増えますね。

 

30代で年齢を限定する範囲が広くなってくることもありますし、自動車保険の更新のたびにきちんとした内容の見直しをお勧めします。かといえ、子供にも家庭にも一番お金がかかる時期でもあります。収入が一気に増えることは少ない我慢の世代とも言えるでしょう。

 

保険料は安く、内容は充実させたい、そんな人にもおとなの保険はおススメです。人身傷害をつけることで、車に乗っていないときの自動車との事故に対しても補償されますし、さらにプラスして人身家族思いやり特約を付けることで、残された家族への補償も手厚くなります。

 

また車両保険で自己負担分を大きくするなどで保険料の節約も可能です。細かな設定を自分のライフステージ・状況に合わせて組み合わせることで、自分と家族に最適な保険を作り上げることができます。

40代のご契約

 

40代自動車に関しても、人生に関しても充実期だといえる世代ですね。そんな充実世代の自動車保険は、等級も上がって全体的に保険料が低くなっている傾向がありますし、まだお子様も運転しない人も多いのではないでしょうか。

 

運転する人を夫婦限定などにすることで大きな節約につながりますし、ある程度の蓄えがあるのであれば、車の修理にかかる自己負担の額を上げることで保険料を抑えることが可能です。経験もありますから車を傷つけてしまう事も少ないでしょうしね。

 

というのも、自動車事故の事故率というのは40代50代がもっとも低いとされています。客観的に出ている事故率という数字が低いのに、実際にはあまり重要視されることがありません。しかし、おとなの自動車保険では、この事故率に着目し40代50代の事故を起こしにくい世代に対して、優遇措置をとっています。

 

ですから、節約に+αで保険料が安くなる可能性が高いのです。もちろん、補償の内容は自分に必要なものをピックアップして組み合わせることが出来ます。

 

40代の自動車保険の契約におとなの自動車保険を検討して見てはいかがでしょうか。