自動車保険

MENU

事故解決ナビゲーターについて

 

おとなの自動車保険には事故解決ナビゲーターという心強い味方が存在します。対物でも対人でも、事故を起こしてしまった時には心が乱れてしまっています。落ち着いて行動をしているつもりでも、どこかで焦りや慌てという気持ちが平常心を乱してしまうものです。

 

事故を起こしてしまったときには、警察と保険会社へ連絡をすることになりますが、おとなの自動車保険には事故解決ナビゲーターというプロフェッショナル集団が、契約者をサポートしてくれます。豊かな知識と経験から、親切かつ丁寧、さらに迅速に事故を解決に導いてくれる役割を担っています。

 

相手がいる場合の事故というのは、一筋縄ではいかないこともしばしばあります。そんな時でも、事故解決アドバイザーがエキスパートチームとの間に入ってくれるので、複数の連絡がいくつも入るようなことはありません。

 

事態を一本化してくれるので、どんな場面でも分かりやすく状況を知ることが可能になるのです。
専任制を採用していますので、契約者へ事故の進捗情報などが重複して伝わったり、情報が前後するトラブルなどの心配もありません。万が一の時に頼れるプロ、それが事故解決ナビゲーターなのです。

20代のご契約

20代での自動車保険の契約に関して、自分ではあまり気にしていない。なんていう人もいるかもしれません。親の車をたまに借りるだけという人も多いですからね。そういった場合は、親御さんが自動車保険に加入して、自分もその保障の対象になっていれば問題ありません。

 

60代70代といった車のユーザーは、子供が運転しても問題がないように、運転する人の限定を付けていない場合が多いものです。この場合、保険料が高めに設定されやすいのが現実です。20代や若い世代はまだまだ運転の技術も浅く、経験も少ないものです。

 

補償対象の人数が増えて事故を起こしてしまう可能性も高くなりますからね。仕方のないことではありますが、もし親御さんの保険に自分も含まれるような自動車保険の内容であれば、おとなの保険で見直してみてはいかがでしょうか。

 

おとなの自動車保険は、こういったお子様が運転をし始める世代にも急激に保険料が上がったりしないシステムになっています。夫婦限定をとったら、すごく保険料が上がってしまった、なんて親御さんに負担をかけるのも心苦しいものです。保険の更新が近づいている時には、一つ保険の見直しを提案して見てはいかがですか。